新着記事

日本酒レビュー

リッチな春の銘酒呑み比べ『而今』『花陽浴』『わかむすめ』『彩來』

リッチ・ゴージャスな春の銘酒呑み比べ『而今』『花陽浴』『わかむすめ』『彩來』を行いました。 持ち込んだお酒は無濾過生でそのどれもが瑞々しい味わいで、酒味も大きく変わりません。 今回は抜群のコスパと入手性から『彩來』をおすすめします。
日本酒レビュー

札幌の日本酒『千歳鶴 ひぐま』は仄かな甘みがスッと喉に消える

札幌の日本酒『千歳鶴 ひぐま』は、円やかでほのかな甘みがスッと喉に消えるます。 北海道産米『きたしずく』は独特のやさしさとまろやかさが特徴。 薄濁りのフレッシュな生酒は、ほのかな甘みとまろやかさを生み出しています。
日本酒レビュー

山口の日本酒『中島屋 純米吟醸』はなめらかで優しい旨味

山口の日本酒『中島屋 純米吟醸』はなめらかで優しい旨味のお酒です。 造りは無濾過生原酒で、酒米は山口県産の山田錦。 そんなお酒ならではの豊かな旨みと、新酒らしいガス感が調和した瑞々しい飲み口となっています。
日本酒レビュー

高知の日本酒『美丈夫 純麗たまラベル生』はキレよくフルーティ

高知の日本酒『美丈夫 純麗たまラベル生』はキレよくフルーティ。フレッシュで透明感ある旨味、酸味が心地良い爽やかな飲み心地です。香りの強すぎないスッキリした飲み口は、高知を代表する返杯酒です。 
日本酒レビュー

徳島鳴門の日本酒『鳴門鯛 純米超辛口 巴』はキレのある旨味がいい

『鳴門鯛純米超辛口 巴』は軽快な呑み心地が食事の邪魔をしないので、さっぱりとした和食からしっかりとした味付けの料理まで相性抜群です。スッキリとした飲み口、それでありながら舌先にお米の旨みが広がる、正に飲み飽きしないタイプの食中酒です。
日本酒番付

トラマサの日本酒番付巡業レポート:R4BY-2H(夏秋)

トラマサの日本酒番付巡業レポート:R4BY2H(夏秋)の日本酒の出来栄えを紹介します。定番銘柄では、オーシャン99、金雀、そして下位の注目は、『せんきん』『あべ』『上川大雪』『手取川』『亀泉』。一方初飲みの注目は、『浦里』『森嶋』『十石』です 。
酒まつり

気楽なオシャレ空間で飲む『SAKE PARK』は若者、外国人で一杯!

東京渋谷のランドマークMIYASHITA PARKで催される『SAKE PARK』は、今を時めく若手醸造家が醸すプロトタイプあり、ベテラン杜氏の革新酒ありの日本酒イベント。外国の方や女性が多く見受けられ、少し緩く間口の広いアプローチはとてもいいですね。
日本酒レビュー

京都伏見の日本酒『十石』は上品な旨味が澄みわたる

京都伏見の日本酒『十石』は、月桂冠グループは松山酒造の新ブランド。京都産の酒米『祝』や『伏見の水』、京都市開発の『京都酵母』などを活用した、まさに京都テロワールのお酒です。 仄かな含み香が上品で、なめらかな口当たり。新しい京都の酒の誕生を思わせます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク