トラマサ

冬の酒旅

冬の山形庄内は寒鱈祭りと酒田酒祭りで日本酒三昧!

山形庄内の冬は各地で寒鱈祭りや酒祭りが目白押しです。 脂の乗った鱈の身や内蔵のみそ仕立てした『鱈汁』は『どんがら汁』とも呼ばれる冬の風物詩。 そこに搾りたての切れ味良い庄内の日本酒を利き酒すれば、もう至福の世界です。
日本酒番付

日本酒の深化を映し出すトラマサの銘酒番付R3BY(2021-22)

日本酒銘酒番付R3BY(2021-22)は、大関以下が大きく変化。上位昇格は『総之寒菊』『ソガペールエフィス』『金雀』『風の森』『赤武』『荷札酒』『産土』でした。また、殊勲賞は『金雀』敢闘賞『総之寒菊』技能賞『ソガペールエフィス』と言う結果でした。
日本酒番付

トラマサの日本酒番付巡業レポート:R3BY-2H(夏秋)

トラマサの日本酒番付巡業レポート:R3BY2H(夏秋)の出来栄えを紹介します。上位陣の新政や金雀などは、相変わらずの旨さです。下位の注目は、田酒、花陽浴、シンタカチヨ、寒菊、若波、産土。初飲みの注目は、木戸泉、上川大雪、勝山、伯楽星、望です 。
スポンサーリンク
日本酒レビュー

山口の日本酒『雁木ひやおろし』はコク深い甘みも切れよい後口

雁木 ひやおろし純米 日本酒ファンの皆さんこんにちは! 前回は、『湯田温泉さけまつり』の記事で今どきの山口の美味しい日本酒を紹介しましたが、今回はコク深い味わいと立体感のある『雁木ひやおろし』を紹介します。 こ...
四季の酒旅

山口の22蔵が揃った『湯田温泉酒祭り』で銘酒と足湯でほっこりの旅

山口の地酒を楽しむ『湯田温泉酒まつり』は、山口市湯田温泉の飲食店経営者の方々が主催。そして県内の22蔵が自慢のお酒を提供しています。小雨が降る肌寒い中にもかかわらず、足湯につかりながら家族連れやカップルがおちょこを手にお酒を味わってました。
日本酒レビュー

栃木の日本酒『望 玉栄』は爽やかな透明感と芳醇で柔かな甘みがイイ

栃木県益子の日本酒『望 玉栄』の酒米『玉栄』はキレのある辛口向け。でも意外に上品な切れ味に仕上がっています。 穏やかで落ち着いた香りに、綺麗な旨味と心地の良い酸が広がる上品で優しい味わいです。
日本酒レビュー

奈良の日本酒『篠峯 雄町 秋色』は熟成のコク味と酸味がイイ!

日本酒ファンの皆さんこんにちは! 今回は奈良県は御所市の千代酒造さんが醸す『篠峯 雄町 純米吟醸 秋色』を紹介します。 奈良といえば、今年の春に紹介した『風の森』『KURAMOTO』、そして昨年紹介した『みむろ杉』と...
日本酒レビュー

宮城の日本酒『伯楽星 特別純米』はスッキリ後口でお代わり必須!

上品で酒の五味のバランスが良く取れた、飲ませ上手な究極の食中酒『伯楽星』は、東日本大震災で蔵が全壊し川崎町へ移転した新澤醸造店の人気商品。 同蔵は、2022IWC『サケ・ブルーワー・オブ・ザ・イヤー』を受賞するなど今や日本を代表する酒蔵です。
四季の酒旅

深い森に抱かれた幻の橋タウシュベツ川橋梁と錦繍の大雪高原温泉沼の旅

今回の酒旅は、まさに錦秋の秋の旅決定版とも言うべき、奥深い大雪山の懐に抱かれた『大雪高原温泉沼』に映るシンメトリーの紅葉絵巻。 そして静かな東大雪の湖に浮かぶ、今にも崩れ落ちそうなノスタルジックな鉄道遺産『タウシュベツ橋梁』を紹介します。
未分類

名酒飲み比べ:『新政陽乃鳥』と『寒菊OCEAN99青海』どっちが甘酸っぱい?

名酒飲み比べ第1弾は、ますます円熟の境地にある『新政陽之鳥』と、進境著しい『寒菊OCEAN99青海』となりました。造りは異なるものの、共に濃密な甘口の飲み口ながら、フレッシュで軽快な切れ味はワインのような味わい。さて、あなたはどちらが好みでしょう。
日本酒レビュー

宮城の『宮寒梅 純米大吟醸』は豊かな香りとしっとりとした甘みが素晴らしい

『宮寒梅純米大吟醸』は芳醇な味わいと爽やかなキレを持ち、飲み飽きしないお酒です。 寒梅酒造さんは『酒造りは米作りから』と、自社栽培米と契約栽培米の宮城県産米を使って醸し、『1杯で旨いお酒』を掲げる酒質は華やかな吟醸香と透明感のある甘みが特徴です。
日本酒レビュー

島根安来の日本酒『裏月山 縁』は濃淳な甘旨みに圧倒される

島根県安来市の日本酒『裏月山 縁』は、超軟水を仕込み水に使い、柔らかで旨味溢れる酒質です。 柔らかな口当たりに加えて、生酒のフレッシュな芳醇な香りと米の旨みが、見事に引き出されていますね。
日本酒レビュー

仙台の日本酒『勝山 縁』はひとめぼれの甘い米の旨味が心地いい

勝山 縁 日本酒ファンの皆さんこんにちは! 先日親戚の結婚式が仙台であり、宮城の銘酒を近辺の酒屋さんで色々と試飲・購入をしてきました。 今回紹介するのは、中でも近年コンテスト上位の受賞歴を誇る『勝山酒造』さんの...
日本酒レビュー

福島の日本酒『ささまさむね夏のにごり生』はほんのりと甘い飲み口

福島県喜多方の日本酒『ささまさむね夏のにごり生』はほんのりと甘い飲み口です。 今はやりの低アルコール13%の軽快さや優しい発泡感とともに、やわらかな旨みと酵母由来の華やかさや甘やかな香味が調和した味わいです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました